• <output id="jrl72"><sup id="jrl72"></sup></output>
    <big id="jrl72"><strong id="jrl72"></strong></big>
    <code id="jrl72"></code>

  • <output id="jrl72"><button id="jrl72"></button></output>

      ホットフォト
      習近平主席、「エルダーズ」代表団と会見
              
      2019-04-02 17:20 | 新華社

       

      中国の習近平国家主席は1日、?#26412;─?#20154;民大会堂で国際人道組織「エルダーズ」の代表団と会見した。(?#26412;?#26032;華社記者/饒愛民) 

       

        【新華社?#26412;?#26376;2日】中国の習近平(しゅう?きんぺい)国家主席は1日、?#26412;─?#20154;民大会堂で国際人道組織「エルダーズ」代表団と会見した。

       

        習近平氏は次のように指摘した。世界は今、百年に1度と言われる大きな変化に直面している。中国は人類運命共同体意識を築き上?#30149;?#20154;類の共有財産である地球の建設と擁護に努めていく?#38271;趣?#20027;張している。中国は正確な「義利観」(道義と利益の関係を正しく処理する考え方)を始終堅持し、自国がまだ豊かでなかった時期からアフリカ諸国を支援してきた。「一帯一路」協力を提起するのは各国と互恵?ウィンウィンを実現するためである。

       

        多くの国は今、一国主義の衝撃に圧力と憂慮を感じている。中国は多国間機構の改革に一貫して開放的な態度を示しており、各国が協議し、公認のルールに従い、各方面の合理的な関心事に配慮する?#36259;趣玀?#22810;数の国家の共同利益に合致させる?#38271;趣?#20027;張している。

       

        中国が提起した「一帯一路」構想は、多国間主義と国際協力への重要な貢献?#36259;勝搿?#20013;国は?#30340;?#20197;上にわたり、各国と共に「共商、共建、共享」(共に話し合い、建設し、分かち合う)の理念を堅持してきた。協力の道筋を探し求め、協力モデルを革新し、新たな情勢の下での多国間主義の実践を充実させた。

       

        中米関係は世界で最も重要な二国間関係の一つだ。米国が中国と共に、互いに歩み寄り、意見の食い違いをコントロールし、協力を拡大していく?#38271;趣?#26395;む。協議や協力、安定を基調?#36259;工?#20013;米関係を共に発展させ、世界により多くの安定性と予想可能性をもたらしてほしい。

       

        中華人民共和国は今年、成立70周年を迎える。中国共産党の指導を堅持する?#38271;趣稀?#20013;国人民の歴史的な選択である。中国が自国の問題を着実に解決する?#38271;趣稀?#19990;界に?#36259;盲皮?#36002;献にもなる。

       

        「エルダーズ」の主席を務めるアイルランドのロビンソン元大統領、副主席を務める潘基文(パン?ギムン)前国連事務総長?ボアオ·アジアフォーラムの理事長などの代表団メンバーは、中華人民共和国成立70周年と中国の経済?社会の発展が収めた大き?#39135;?#26524;に祝賀の意を表し、中国の環境保護と貧困脱却、民族に関する取り組みを高く評価した。また、習近平主席が国際的な場で行った一連の重要演説は、国際社会に前向きなメッセージを発したと述べた。国連を核心?#36259;工?#22810;国間システムを確実に守り、世界と地域の安全や気候変動に対する対応などの分野で多国間協力を強化していかなければならないと指摘し、中国が引き続きリーダーシップを発揮する?#38271;趣?#26399;待を示した。

       

        「エルダーズ」は南アフリカのマンデラ元大統領の提唱により2007年7月に設立された。各国の元政府要人や主要国際機関の元責任者で構成され、対話による衝突や貧困、疾病などのグローバルな問題の解決を進める?#38271;趣?#36259;旨?#36259;筏皮い搿?/p>

      0
       
      山西十一选五多吗遗漏
    1. <output id="jrl72"><sup id="jrl72"></sup></output>
      <big id="jrl72"><strong id="jrl72"></strong></big>
      <code id="jrl72"></code>

    2. <output id="jrl72"><button id="jrl72"></button></output>

      1. <output id="jrl72"><sup id="jrl72"></sup></output>
        <big id="jrl72"><strong id="jrl72"></strong></big>
        <code id="jrl72"></code>

      2. <output id="jrl72"><button id="jrl72"></button></output>